トップページ > サービス概要 > 商品仕様・ご注文方法 > データの作成方法

イージーブックの冊子について(中綴じ製本について)

イージーブックは中綴じと言われる製本方法で作成されています。「中綴じ(なかとじ)」とは、冊子を開いた状態の紙を重ね、 見開きの中心部分を針金で綴じた冊子です。

A4の冊子を作る場合

A3の紙を半分に折る

折った紙を重ねて

紙を針金で2箇所留めたら冊子になる

イージーブックのメリット(中綴じ製本のメリット)

特徴1:根元まで本が開く

イージーブックはハードカバーやソフトカバーと比べて根元まで開くのが特徴です。 写真を見開き2ページにわたってレイアウトするような場面では冊子の根元まで開くことができるのでおススメです。

特徴2:料金が抑えられる

もうひとつは、1冊あたりの料金が抑えられることです。 イージーブックは表紙と本文が同じ紙を使用していて、加工の工数が少ないので ハードカバーやソフトカバーよりコストがかかりません。

イージーブックの特性と用語説明

中綴じ製本は印刷する面付け(レイアウト)がハードカバーやソフトカバーとは違います。大きな特徴として《表紙と本文(内容)の紙が同じ》《断裁時に小口が切れやすい部分がある》《面付けが見開き》ということです。

特性と面付けをご理解の上 ご利用いただけるように説明いたします。

表紙と本文の紙が同じ 「表1・表2・表3・表4」の説明

「表1・表2・表3・表4」とは本を閉じたときに表になる表紙を(表1)と呼びます。表1の裏が表2。本を閉じたときに裏側になる裏表紙は(表4)表4の裏を表3といいます。 「表2」「表3」に印刷をしない場合も、面付けページ数にカウントされますので、ご注意ください。印刷したくない場合はトンボ付きの内容が白データを入れてください。

ハードカバーやソフトカバーは表2・表3に見返しと呼ばれる表紙と本文をつける役割の紙が入るが、中綴じは表紙と本文が同じ紙なので、表2から本文の1ページが始まる。(面付けのページでいうと2ページになる)

小口(こぐち)・ノド・左綴じ

「小口(こぐち)」とは本の外側部分・本の切断面、針金が綴じられている部分と逆側の部分の名称です。
「ノド」とは本を開いた時の真ん中の部分です。イージーブックは「左綴じ」のみ対応しております。右綴じはまた別途お問い合わせください。
ページ数は8~24ページまでの対応となります。それ以上のページ数の場合はソフトカバー(並製本)をお選びください。

小口のレイアウトにご注意ください

中綴じの小口について注意点

面付け(レイアウト)について

データは見開きデータで製作していただきます。この表又はテンプレートに記載されたファイル名の番号を目安にして データ編集していただきますようお願いいたします。

8ページ

台No.
1 8ページ 1ページ 2ページ 7ページ
2 6ページ 3ページ 4ページ 5ページ

12ページ

台No.
1 12ページ 1ページ 2ページ 11ページ
2 10ページ 3ページ 4ページ 9ページ
3 8ページ 5ページ 6ページ 7ページ

16ページ

台No.
1 16ページ 1ページ 2ページ 15ページ
2 14ページ 3ページ 4ページ 13ページ
3 12ページ 5ページ 6ページ 11ページ
4 10ページ 7ページ 8ページ 9ページ

20ページ

台No.
1 20ページ 1ページ 2ページ 19ページ
2 18ページ 3ページ 4ページ 17ページ
3 16ページ 5ページ 6ページ 15ページ
4 14ページ 7ページ 8ページ 13ページ
5 12ページ 9ページ 10ページ 11ページ

24ページ

台No.
1 24ページ 1ページ 2ページ 23ページ
2 22ページ 3ページ 4ページ 21ページ
3 20ページ 5ページ 6ページ 19ページ
4 18ページ 7ページ 8ページ 17ページ
5 16ページ 9ページ 10ページ 15ページ
6 14ページ 11ページ 12ページ 13ページ

データ作成時の面付けページ数について

データは見開きデータで製作していただきます。この表又はテンプレートに記載されたファイル名の番号を目安にしてデータ編集していただきます ようお願いいたします。

入稿時のファイル名について

ダンクブックでは、テンプレートをDLしていただき編集後、完全データPDF入稿で受付しております。
PDF入稿ファイル名は、必ず何ページ目のデータであるかがわかるようなファイル名にして下さい。
ファイルの統合はファイル名を元に弊社で行います。統合されたファイルをご入稿の場合はファイルの並び順のままで印刷させていただきます。

枠線の部分は変更可能領域です。

例)ファイル作成日_内容や会社名_08-01.pdf
20151030_dank_02-07.pdf
20151030_dank_06-03.pdf

PAGE TOP